現場が見える、共有できる。

現場へGO!ならクラウドでカンタン! どこで誰が何してるの?をITで解決。

建設業務の管理に必要な機能が全てここに!

現場に関わるすべての情報をクラウドで一元管理!

大切なお客様の情報は勿論のこと、見積書・工程表、契約書類や注文書などすべての現場管理がクラウド上のアプリから完結します。

スマホで現場から入力完了、社内SNS活用で効率アップ

スマホやタブレットを利用して現場からすべての情報にアクセス、編集・更新することができます。標準装備のSNS活用と合わせて帰社後の業務を大幅に低減します。

堅牢なセールスフォース社のプラットフォームを利用

現場へGO!でお預かりするデータは、世界15万社が認めたセールスフォース社の堅牢なプラットフォーム、業界トップレベルのセキュアな環境でお守りします。

現場でのリアルタイムでの情報管理を実現

工務店や施工会社で複数の現場を受け持つ現場担当者にとって、管理すべき内容は多数。例えば、工程の進捗度合い、写真による現場把握、見積と実行予算のブレをなくして利益確保。そういった様々な情報を一元管理することはなかなか難しい。そんな悩ましい状況を解決するのが、建築会社・工務店向けトータル管理アプリ「現場へGo!」です。
多数の現場を少数精鋭なスタッフで管理していく為には、情報の一元管理がキーになっていきます。 特に悩ましい、工程管理と予算管理を出来る限り手軽にどこからでも使えるようにしました。

様々な管理を、様々なツールで

【ビジュアライズされた工程管理】
気軽に工種を増減したり、スケジュールを変更したり、少ない入力と、マウスの利用で手軽に工程管理ができます。進捗率も同時に管理ができ、工事の遅れ等も把握がスムーズにでき、納期管理を確実に行うことが可能となります。
【見積りと実行予算を随時比較し、利益を確保】
見積はもちろんの事、それ以上に大切な事が実行予算。これを計画通りに進められるか否か、発注担当者の責任は重大です。しかし様々な要因が絡み合い、上手くいかないことも。それらを随時入力していくことが、早めの対策が打てます。これを活用して利益を確保できる体質に変えていってみるのはいかがでしょうか。

  • 原価管理機能

    工種ごとの積算結果により、見積書を作成。その結果を基にした発注書作成も可能です。

  • 工程管理機能

    ビジュアライズされたガントチャートを利用した工程管理で複雑な進行を可視化します。

  • 受注管理機能

    見込み客との接触以降の打合わせ管理で、確実な受注はもちろん、業務の漏れも防ぎます。

  • 帳票印刷機能

    標準仕様書、工事のお知らせ、契約書印刷など必要な書類は全て印刷することができます。

  • Chatter

    それぞれの現場とのコミュニケーションに欠かせないChatter(チャッター)は現場業務に特化したチャットシステムです。

  • カレンダー

    現場へGO!を使用している個人それぞれで管理できるカレンダー。

  • 取引先

    取引先に関する情報を一元管理することが可能です。

  • 取引先責任者

    取引先責任者に関する説明が入ります。取引先責任者に関する説明が入ります。

  • 議事録

    議事録に関する説明が入ります。議事録に関する説明が入ります。

まずは無料で15日間のトライアル! ぜひ現場へGO!の優れた機能をお試しください。